開催趣旨 PDF Print E-mail
May 15, 2012 at 02:19 PM

 

第5回「日本語教育とコンピュータ」国際会議

CastelJ

Computer Technology and Japanese Language Education

The Fifth International Conference On Computer Assisted Systems

For Teaching & Learning Japanese

開催趣旨

近年のコンピューター技術の進歩は目を見張るものがあります。コンピューター技術の進歩は日本語教育の現場にも少なからず変化をもたらしてきています。CASTEL/J国際会議は 日本語教育におけるコンピューター技術等の使用,応用の現状,または今後の活用の方向性を見いだすための,学際的で国際的な場であり機会です。

第1回がイタリア,第2回がカナダ,第3回がアメリカ(サンディエゴ),第4回がアメリカ(ハワイ)で開催されてきたこの国際会議(On Computer Assisted Systems For Teaching & Learning Japanese =

CASTEL/J)も,第5回目を迎え,初めて日本で開催されることとなりました。

2012年8月20日(月)から22日(水)の3日間,名古屋国際センター(ホール)および名古屋外国語大学において開催いたします。


 

Castel/J 2012 開催プログラム(最新版)(2012年7月14日版)

日程:2012820日(月)~ 22日(水)

 

場所:

820日(月)名古屋国際センター(ホール)


821日(火)~ 22日(水) 名古屋外国語大学  

 

プログラム概要(敬称略)



820日(月):企画パネル1,開会式,招待講演(1)&WS,記念PD,懇親会

午前の部:企画パネル1

  9:30 受付(名古屋国際センターホール)

10:001200   企画パネル 1

日本語教育における対話教育の重要性

-プロフィシェンシーとコーパス分析の視点から-

パネリスト:

牧野成一(プリンストン大学)

野山広(国立国語研究所)

嶋田和子(アクラス日本語教育研究所)

平田オリザ(大阪大学)

司会・進行役(コーディネーター):鎌田修(南山大学)

 

休憩 12:001330

 

午後の部:開会式,招待講演(1),WS,記念PD,懇親会

13301340   開会式 会長挨拶:水谷 修(名古屋外国大学学長)

13451600   招待講演(1)&ワークショップ(WS)

招待講演(1)&ワークショップ 「アンドロイドと日本語教育」(仮題)

平田オリザ(劇作家)& 石黒 浩(大阪大学教授,工学博士)

16:00 16:15 休憩

16:15 17:45   記念パネルディスカッション(PD)

記念パネル:「アンドロイドと日本語教育-今後の展望」

平田オリザ,石黒 浩,牧野成一(プリンストン大学名誉教授)

 

懇親会:18002000



821日(火)

午前の部

  9:0012:00  ポスター発表,口頭発表,ワークショップ,

パネルディスカッション

口頭発表:9001200(教室123

ワークショップ:9001020 WS1,2(教室45

10401200 WS3,4(教室45

ポスター発表:10301200(教室に隣接したロビー=広場)

パネルディスカッション1:10001200(教室0)

 

休 憩:12001330

 

午後の部

1:301745 口頭発表,企画パネル(2),ワークショップ,

パネルディスカッション

企画パネル(2)(敬称略):13301530(教室0)

「言語に関するデータベース、コーパスの構築とその活用について(仮題)」

基調パネリスト・コメンテータ

カール・フォルスグラフ(オレゴン大学教授・応用言語学研究センター=CASLS所長)

パネリスト

小木曽智信(国立国語研究所准教授)

田中牧郎(国立国語研究所准教授)

迫田久美子(国立国語研究所教授・日本語教育研究・情報センター長)

ディスカッサント

筒井通雄(ワシントン大学教授)

司会・進行役

野山 広(国立国語研究所准教授)

 

口頭発表:13501745(教室123

ワークショップ:15401700 WS56(教室45

パネルディスカッション2:15451745(教室0)

 

 


822日(水)

午前の部

9:0012:00 口頭発表,企画パネル(3),ワークショップ

 

口頭発表:9001200(教室12

ワークショップ:9001020 WS7(教室4

企画パネル(3)(敬称略):10001200
テーマ:「漢字とICTの活用(仮題)」
パネリスト
ヴォロビヨワ・ガリーナ(キルギス民族大学)
山田ボヒネック頼子(NPO法人ヨーロッパ日本語教育学研究所)
春遍雀來ハルペンジャック)((株)日中韓辞典研究所)
ディスカッサント
加納千恵子(筑波大学)
徳弘康代(名古屋大学国際交流協力推進本部)
コーディネーター(進行役)
高田智和(国立国語研究所)

午後の部

13301600 招待講演(2),全体会議

 

  13301450  招待講演(2)

 

長尾 真(正確にはDescription: Itaiji makoto.png(京都大学名誉教授)

「言語処理の歴史と展望」

 

15001600  全体会議

 

1600 閉 会

 

Last Updated ( Jul 14, 2012 at 07:44 AM )