ワークショップ PDF Print E-mail
Jul 14, 2012 at 08:54 AM

 


21日(火)
教室4
9:00-10:20 ○秋山實(東北大学大学院教育情報学教育部大学院生)
プレースメントテスト用のアダプティブテストを作ろう
【要旨】プレースメントテストや合否判定テストに適したアダプティブテストを、過去の問題を再利用し、シミュレーションで最適な設定を決めて実施するまでをハンズオン形式で行う。 
10:40-12:00 ○宇佐美まゆみ(東京外国語大学大学院)・木林理恵(日本学生支援機構)
会話分析入力支援・自動集計システムの開発と活用方法

【要旨】会話の定量的分析を効率的・精緻に進めるための入力支援・自動集計システムを紹介し実演するとともに、定量的分析にも適するように設計された自然会話コーパスを紹介する。
休憩・昼休み




15:40-17:00 ○萩原幸司(NPO法人ヨーロッパ日本語教育学研究所)・Berthold Frommann(同)・山田ボヒネック頼子(同)


日本語L2口頭産出能力評価法について(「発話抽出ビデオ・コーパスによる評価者能力育成のための共同動画注釈用システム構築プロジェクト化」を目指して)


【要旨】OJAEテスト様式、OJAE基準表による評価法を呈示した後、「共同動画注釈用システム構築プロジェクト化」へ向けてICT専門家への支援協力依頼を含む討論会を行う。


21日(火)
教室5
9:00-10:20 ○春遍雀来(ハルペンジャック)
日本語学習に於けるiOSソフトウエアの活用
【要旨】iOSが語学学習にもたらした恩恵について解説すると共に,iOS搭載のモバイル機器で活用できる漢英学習字典と日本語語彙学習アプリのデモンストレーションを行う。

10:40-12:00 ○豊田典子(明海大学)・野山広(国立国語研究所)・原隆幸(明海大学)・服部珠予(早稲田大学)・関口明子(AJALT)・築樋博子 (豊橋教育委員会)
「こどもの日本語ライブラリ」の指導現場での活用法
【要旨】「定住外国人の子どもの就学支援事業」の一環として開発されたオンライン情報サイト「こどもの日本語ライブラリ」を紹介し、それらの充実に向けた意見交換を行いたい。
休憩・昼休み




15:40-17:00 ○新實葉子(名古屋大学大学院大学院生)・阪上辰也(広島大学)
教育・言語データ処理のための「R」活用法


本ワークショップでは,実習を通じて統計解析環境「R」の基本的な利用法を学ぶ。成績といった教育データだけでなく,コーパス等の言語データの基本的な処理方法も扱う。


22日(水)

教室4
9:00-10:20 ○WOO Wai Sheng(大阪大学大学院言語文化研究科)・御子神慶子(海外技術者研修センター)・新庄あいみ(大阪大学サイバーメディアセンター)・新矢麻紀子(大阪産業大学)・永井慧子(ことばの会,もりのみや)
PCを活用した地域日本語教室における文字教育
【要旨】「生活者としての外国人」を対象として開発した文字教育のシラバスを提示し,今までの地域日本語教室にはないPCを用いた教室活動による文字教育実践モデルを提案する。

 

Last Updated ( Jul 23, 2012 at 08:32 AM )