Call for Proposal

December 23, 2014: Extended Deadline (All time is Hawaii time)

Many people requested the extension of the deadline. Therefore, it has been changed to

Dec. 23, 2014 (Hawaii time).

December 15, 2014: Proposal Deadline

January 15, 2015: Accepted proposals will be notified

February 15, 2015: Manuscript Deadline for Conference Proceedings
We welcome proposals for papers (20 min. followed by 10 min. discussion), panel sessions (70 min. followed by 20 min. discussion) posters, or workshops that deal with Japanese teaching/learning and computer technology.
All submissions must be received by December 15, 2014. (This has been extended to December 23, 2014) Submissions are accepted by e-mail. Please submit your proposal as an e-mail attachment to < proposal@kshinagawa.com >.

For the SUBJECT line of your e-mail, please
enter “CASTEL-J paper proposal”

for paper,
enter “CASTEL-J panel proposal”

for panel,
enter  “CASTEL-J posters proposal”

for posters,
enter “CASTEL-J workshop proposal” for workshop,
•    The official conference languages are Japanese and English. If you plan to present in English, please submit your proposal in English. If you plan to present in Japanese, please submit your proposal in Japanese.
•

Send your attachment in MS Word (DOC or DOCX)
•    We can provide an LCD projector. However, please use your own laptop.
Your proposal must include the following:

1) Specify your presentation type (paper, poster, panel session or workshop)

2) Presenter’s Name (Primary Presenter and other presenters’ name in case of copresentation)

3) E-mail address (all presenters in case of co-presentation)

4) Institution and Department (all presenters in case of co-presentation)

5) Mailing Address
In case of a co-presentation, please clearly indicate the primary presenter and provide information for all presenters.

6) Presentation Title (less than 10 English words)

7) Short Abstract (less than 50 English words, this will be used for the conference brochure)

8) Description of paper, panel, panel session or workshop (Less than 350 English words. Be sure to include adequate information to review.)

9) Other equipment needs. If you will need to use other AV equipment, please specify. In case it’s not possible for us to accommodate, we will contact you.

For inquiries, please contact
Conference Chair
Satoru Shinagawa
satoru at shinagawa dot us (change at to @ and dot to .)

 

プロポーザルの締切り期日を決定しました。締め切りは以下の通りです。全ての時間はハワイ時間です。

2014年12月23日(ハワイ時間):プロポーザル〆切延長

プロポーザルを提出するにあたって、もう少し時間がほしいというリクエストを多数いただきました。よって、締め切りを延長いたします。

2014年12月15日:プロポーザル締め切り
2015年1月15日:採用/非採用の通知
2015年2月15日:予稿集のための原稿締め切り

第 6回on Computer Assisted Systems For Teaching & Learning Japanese (CASTEL-J) 国際会議を2015年8月7日~8日、ハワイ大学・カピオラニ・コミュニティーカレッジにて開催します。
近 年のコンピューター技術の進 歩は、以前にもまして目を見張るものがあります。こうした技術の進歩は日本語教育の現場にも影響を与え、少なからず変化をもたらしています。第6回 CASTEL-J国際会議は 日本語教育という学際的分野におけるコンピューター技術等の活用現状、または今後の活用の方向性を見出し、展望する機会です。
以上の趣旨に即した発表のプロポーザルを募集します。

発表の形態:
口頭発表(発表20分、質疑応答10分)、パネルセッション (90分)、ポスター、ワークショップ

発表の応募につきましては、プロポーザルをメールの添付書類として< proposal@kshinagawa.com >まで送付してください。
締め切りは2014年12日15日です。締め切りは12月23日に延期されました
なお希望される発表形式によって、下記の件名 (subject) 中から一つを選び、
e-mailの件名記入部分(subject)に明記して送ってください。

件名 (subject):
口頭発表: “CASTEL-J paper proposal”
パネル: “CASTEL-J panel proposal”
ポスター:  “CASTEL-J posters proposal”
ワークショップ: “CASTEL-J workshop proposal”
審査の結果については、発表者に2015年1月15日までにご連絡いたします。

•    発表言語は日本語又は英語です。日本語で発表をなさる方は日本語で、英語で発表をなさる方は英語でご応募ください。
•    マイクロソフトワード(MSWord)のファイル形式でメールの添付書類としてお送りください。
•    LCD プロジェクターは用意しますが、コンピューター(ノートパソコン)は各自ご用意ください。

プロポーザルには以下について明記してください。
1) 発表のタイプ (口頭発表, パネル, ポスター、ワークショップ)
2) 発表者の氏名(共同発表の場合は代表者、及び全ての発表者名)
3) 発表者のメールアドレス(共同発表の場合は代表者、及び全ての発表者名)
4) 所属教育機関名(共同発表の場合は代表者、及び全ての発表者の機関名)
5) 所属教育機関の住所
共同発表の場合は代表者以外の発表者の情報も忘れずに記入してください。
6) 発表の題名(25文字以内、英語での字数制限は日本語の制限と違いますので、ご注意ください。)
7) 短い要旨(80文字以内:プログラム記載用)
8) 長い要旨(800文字以内:審査用)
9) LCD以外のAV器具が必要な場合はお書きください。こちらでの準備が不可能な場合はご連絡いたします。

お問い合せは下記へ。

品川 覚:大会実行委員会

satoru at shinagawa dot us (at を@に、dot を”.”に変えてください。迷惑メールが増えているための対策です。ご理解下さい。)